スポンサード リンク

2007年05月02日

花粉症の症状「4大症状」とは

 花粉症症状には、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみがありますが、それを風邪だと思っていませんか?
 花粉症は年齢にかかわらず突然やってきます。花粉症は日本人の約20%がなっており、国民病といえるものです。
 この前まで風邪と思っていたのが、花粉症症状として現れたのかもしれません。

 花粉症症状には、4大症状と呼ばれるものがあります。
 それが先に述べたように「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」です。

 花粉症症状は風邪と何が違うのかというと、花粉が飛散している時期は、その症状が続くというところ。普通の風邪はつらいとしても、数日おとなしくしていれば症状は治まり、治るのですが、花粉症症状は継続して発症するため、睡眠不足や集中力欠如、睡眠不足など精神的な影響が大きいというのが特徴です。
ラベル:花粉症 症状
posted by 花粉症 症状 at 06:10| 花粉症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ花粉症の症状が出るのか

 花粉症症状がなぜ出るのかというと、体が花粉に過度の反応してしまうからです。つまりアレルギー症状ということになります。
 本来、有害物質でない花粉を、体が有害であると勘違いし、外に排出しようします。くしゃみや鼻水、涙で外に出そうとするので、花粉症症状となって現れるのです。

 花粉であれば何でも症状が出るわけではなく、原因となる花粉は人によって決まっています。(花粉の種類が複数ある場合もあります)

 原因となる花粉と接触すると、数分から数時間で症状が現れ、その花粉が飛散しなくなると花粉の症状も収まります。
ラベル:花粉症 症状
posted by 花粉症 症状 at 06:09| 花粉症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の症状「くしゃみ」

花粉症症状の多さではトップに挙げられるくしゃみですが、その特徴は何でしょうか。

違いは連続性にあります。
普通のくしゃみは、1回〜3回くらいですが、花粉症症状としてのくしゃみは、5〜6回と、次々にくしゃみが連続して起こります。この連続性は、花粉症に限らずアレルギーのくしゃみの特徴でもあります。

これは花粉を有害物質と勘違いした故に、外に出そうとする反応の一つです。花粉が飛散している間はずっと続きます。くしゃみのしすぎにより腹筋等を痛める人もいますので、かなりつらい症状といえます。
posted by 花粉症 症状 at 06:08| 花粉症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の症状「鼻水」

花粉症症状としての鼻水と、風邪の症状としての鼻水は何が違うか。それは粘性です。

風邪の症状としての鼻水の粘性もいろいろありますが、治ってくると粘性が強くなってきます。
一方、花粉症症状としての鼻水はサラサラした水っぽいのが特徴です。しかも花粉の飛散時期にはいくら鼻をかんでも鼻水が止まらないため、かなりつらい症状といえます。
ラベル:花粉症 症状 鼻水
posted by 花粉症 症状 at 06:07| 花粉症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の症状「鼻づまり」

鼻づまりはなぜなるのかというと、有害物質を体内に入れないための症状で、鼻の奥の血管が拡張し血管壁がゆるんでそこから血液中の水分が外に出て鼻づまりとなります。

花粉症症状としてとてもつらい症状のうちの一つであり、鼻での呼吸が完全に出来なるなるほどのひどい症状だと、睡眠不足になることもあります。
posted by 花粉症 症状 at 06:06| 花粉症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の症状「目のかゆみ」

花粉症症状として最も多いのが目のかゆみです。
花粉症症状は風邪と間違えやすいと言いますが、風邪の症状と一番違うのが、目のかゆみを伴っているかどうかです。

花粉症症状としての目のかゆみは、目の周りがかゆくなってまぶたが腫れぼったくなることです。また、涙がとまらない場合もあります。
花粉飛散時期はどうしても続く症状なので、かゆいからといってかきすぎると、さらに悪化したり、目に傷つけることにもなりかねないので注意が必要です。

ちなみにスギ花粉による花粉症は最も多いのですが、スギ花粉症のなかで95%の人に目の症状が発症しているといわれています。
posted by 花粉症 症状 at 06:05| 花粉症 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。